ドクターショッピングよりセカンドオピニオン

受診した病院の診断に納得がいかず、次から次へと新しい病院を受診し続けるドクターショッピングには、様々な問題あります。
その1つに、経過を見ながら治療方針を決めていこうとしている場合が考えられます。
例えば、1段階目で改善しない場合、その治療や病名を除外して、いくつかの他の病名を想定し対症療法を継続しながら経過観察します。
それでも改善しない場合や診断に症状の経過観察が必要な場合は、の段階で最終的な診断をして本格的な処置に入ります。
また、設備の整った病院での治療が必要な場合は紹介状が出される場合もあります。
したがって経過観察の途中でドクターショッピングをすると、この1段階目を繰り返す恐れが出てくるのです。
一方、セカンドオピニオンの場合は、かかりつけ医に検査内容や現在の経過などを紹介状と共に伝えてもらえるので、ドクターショッピングのようなデメリットがなくなります。
かかりつけ医に他の医師を紹介してもらうのは気が引けると思いがちですが、「あの時にセカンドオピニオンを選んでいればよかった」と後悔しても時間を取り戻すことはできません。
最終的には自分の体は自分で守らなくてはいけないのです。
少々嫌な顔をされてもセカンドオピニオンを選択する勇気を持つことが重要です。