在宅医療を受けるメリットとデメリット

現在は病院での医療や入院の他にも在宅での医療が進められています。
在宅で医療を受けながら療養することは、患者さんにとって住み慣れた自宅でストレスなく過ごすことができるというメリットがあります。
医者や看護師、他の患者さんに気を使うことなく休みたい時に休めて音楽を聴きたい時には好きな時に聞けるなどという自由さもあります。
在宅にいながらも医者の往診を受けたり、訪問看護師のケアを受けることも可能です。
身体機能を維持させるために、理学療法士作業療法士などが訪問リハビリを行っているのでそのようなサービスの活用もできます。
食事に関しても宅配サービスや買い物をお願いできるサービスも存在しています。
このような便利なサービスを自分の生活状況や体の状態に合わせて選べます。
在宅医療ではデメリットもあります。
1番に問題となることは、医療に関する知識がない家族にとって負担となることです。
時には吸引や在宅酸素を利用することがありますが、このような医療行為も行わなくてはいけません。
患者さんがもしも急変を起こした場合には、家族で処置を行ったり医者を呼んで対応する必要があります。
在宅医療を始める前にはこのようなデメリットをクリアできるよう、十分に医療機関でアドバイスや説明を受けると安心です。